GooglePlusのアオサギの記事

ウィキペディアよりアオサギを引用

アオサギ(青鷺、蒼鷺、Ardea cinerea) は、ペリカン目サギ科アオサギ属に分類される鳥類。
分布 アオサギは、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、イギリス、インドネシア西部、日本、フィリピン北部、マダガスカルに分布している。
夏季にユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸中部、東南アジアなどへ南下し越冬する。
アフリカ大陸南部やユーラシア大陸南部などでは周年生息する。
日本では亜種アオサギが夏季に北海道で繁殖し(夏鳥)、冬季に九州以南に越冬のため飛来する冬鳥。
本州、四国では周年生息する留鳥である。
形態 全長88-98cm。
翼開張150-170cm。
体重1.2-1.8kg。
上面は青みがかった灰色の羽毛で被われ、和名の由来(漢字表記の蒼はくすんだ青色のことも指し、中国語名と同一)になっている。
種小名cinereaは「灰色の」の意で、英名(grey)と同義。
また淡灰色の長い羽毛(飾羽)が混じる。
下面は白い羽毛で被われ、胸部の羽毛は伸長(飾羽)する。
頸部から胸部にかけて黒い縦縞が入る。
頭部は白い羽毛で覆われ、眼上部から後頭にかけて眉状の黒い筋模様(眉斑)が入る。

選択画面へ